下半身麻酔がかかってしまいました

下半身麻酔がかかってしまいました

下半身麻酔がかかってしまいました

 私は3年前帯状疱疹が原因で肋間神経痛にかかってしまいました。

 

 息をするのも辛く、少し体を動かしただけでも激痛が。

 

 ペインクリニックが有名な大学病因で硬膜外ブロックをしてもらい何とか動けるようになり、蚊の鳴くような声しか出ませんでしたが、取りあえず会話が出来るようになりほっとしました。

 

 しばらくの間は毎週来るように言われていたので、次の週行くと、何と3ヶ月前に研修医を卒業したばかりの医師が私の担当医に。

 

 準教授や教授から手ほどきを受けながら硬膜外ブロックをしてもらいましたが、痛み止めの麻酔を打ってから脊髄に注射針を挿すのですが、なかなか挿入することが出来ず、その間に痛み止めは切れてしまうは、太い針を挿すので、何度も挿しているうちに、あちこちから出血して絆創膏だらけ。

 

 やっと挿入に成功し、看護師が「30分くらい休んでいて下さいね」と言われベッドに横になって15分が経った頃、体の向きを変えようとしてびっくり。

 

 腰から下が全く動きません。

 

 「6時間くらい麻痺戻りませんから、今日はゆっくりしていって下さい」とベテラン医師。

 

「これって下半身麻酔ですよねぇ」

 

「まぁ、こう言うこともあるんですよ」

 

(有ってたまるかそんなもん)

 

 私は完全モルモットになってしまいました。

 

調子が良い日でも、理由を付けて硬膜外ブロックの練習。

 

1年半経った頃には担当医もさすがにうまくなりました。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ