仕事にならないです!

仕事にならないです!

仕事にならないです!

リハビリに力を入れている病院で、理学療法士として働いています。最初はやりがいを感じていたんですが、最近はモチベーションが上がりません…。

 

何故かというとリハビリをさせて貰えないからです。どういうことかというと、患者さまの介護度が年々上がっていて、約7割が要介護3以上で、私のいる病棟では要介護5の方が半数近くという状態です。そのため、限られた時間で全ての患者さまをカバーするには、危篤状態の患者さまを除きトイレや入浴といった衛生面の介助がまず優先され、次に定期検査等の治療や診察、そしてリハビリという優先順位となります。

 

こういった事情があるので、リハビリスタッフはまず担当患者さま(1人当たり大体10人前後)のスケジュールを毎朝確認し、リハビリが出来そうな時間を確認します。一応各スタッフのスケジュールは係長から渡されるのですが、その通りには進まないので各々の裁量で組み換えます。

 

しかし、臨時で検査が入ったりと、どう頑張っても上手くやりくりできない時もあります。10人診療するはずが5人しか診療出来ないこともありました。仕方のないことなんですが、リハビリで診療報酬の点数を稼いでいる病院なので責任を感じます…。

若者のせいではない

新しく入ってきた新人に仕事を教えるように伝えられました。しかし、その新人が厄介なのです。どのように厄介なのかというと、まず挨拶が出来ない。これは致命的です。敬語も使えません。受付の担当ですが、病院の顔とも言える場所で変な対応をされたら患者はどう思うか。聞いてみると、本人は医療関係の専門学校を卒業したらしいです。この業界に限った話ではありませんが、それぞれのプロの仕事は学歴や資格より実務経験が物を言います。新人はバイトすら未経験で、まだまだ社会を知らないようです。しかも、教えたことを教えたとおりにすらできません。それどころか、私が掃除をしているのに涼しい顔をして、窓口で休憩しています。明日も指導するかと思えば頭が痛くなってきます。


ホーム RSS購読 サイトマップ