看護師 転職

看護師なら転職してナンボ!

看護師の転職事情と求人サイトの活用について

看護師看護師といえば白衣の天使と呼ばれ、その職場は外から見ていると非常に華やかに見えますが、その実、転職も非常に多い業界でもあります。勤める医療機関によっては夜勤がたくさんあったり、勤務時間のシフトがまちまちだったりして、育児や生活が普通に送れないといった看護師さんが多く、より良い環境を求めて転職をくり返す看護師さんも多いのです。

 

看護師の就職・転職には専門の求人サイトを使うのが望ましいです。なぜなら一般の求人施設や求人誌とは違い、専門のサイトには外部には出ない非公開求人が多数掲載されているケースが多く、看護師のような特殊な業界では、この非公開求人並びに求人内容が大変重要になります。公共のハローワークなどの求人票には、簡単な会社紹介や福利厚生、給与の簡単な内容が記されているのみですが、サイトで探すと、看護師の待遇やシフトの組み方、医院の経営方針、勤務時間の形態など、内部の情報がぎっしりと書かれているのです。こういった情報を見ずに転職をしてしまうと、結局自分には合わなかったということとなり、退職・転職をくり返すということになってしまいます。

 

専門の求人サイトには転職エージェントやコンサルタントがおり、もし現在、どこかの医療機関に勤務しながら新しい職場を探したいといったときには、自分の代理としてエージェントが情報収集を行ってくれます。さらに転職先の職場と勤務体系について交渉もしてくれるのでぜひ活用してみると良いでしょう。

 

またこういうサイトも参考になります。

看護師の転職とスカウト機能

看護師は非常に転職が多い職業でもあります。

 

看護師が特別多いというわけではなく、

 

医療系全体の転職率が高いということになります。

 

ただ、看護師の場合でも数年に1回は必ず転職されるという方も多いです。

 

コンスタントに転職するというものは、

 

それだけ活動にも力をいれている可能性があります。

 

しかし、普段の仕事もかなり忙しいでしょう。

 

あまり転職活動に力を入れてしまうと、

 

普段の仕事に支障をきたしてしまうことも考えられます。

 

 

 

そこでチェックしてほしいのが、転職活動方法です。

 

自分で仕事を探すことも非常に大切な事ですが、

 

それでは大きな負担になってしまうこともあるわけです。

 

負担にならない看護師の転職活動を探すべきです。

 

 

 

一つ提案させていただくのが、スカウト機能というものになります。

 

スカウト機能とは、転職サイトに備わっているものになります。

 

そちらを利用することで、転職活動にかける時間が大幅に減るということも多いです。

 

 

 

スカウトされるわけなので、こちらから転職希望先を探すということもありません。

 

 

 

ただ、スカウト機能をしっかりと生かすためには、

 

こちらの転職先の希望をはっきりとさせておく必要があります。

 

例えば、転職先の地域はどちらにするのかということや、年収の希望というものです。

 

そちらをあらかじめ希望することで、スカウト機能を生かすことができるようになります。

 

 

 

最初にプロフィールなどをしっかりと作成しておけば、

 

継続的にそれをもとにスカウトのチャンスが出てきますので、

 

必ずスカウトされやすいプロフィールの作成を考えて実行しましょう。

看護師の仕事について

私たちの身近にいる看護師。しかし看護師はどのような仕事をしているのか、はっきりをとわかっていない人も多くいます。

 

看護師実は看護師は主に病院にいて、病気の人や怪我をした人の入院生活や治療に関わる仕事をしています。

特に高齢化社会を迎えた日本では看護師はとても必要とされている人材です。

 

看護師は患者をしっかり観察して、異常がないかなどを常に確認して患者の安全を守ることをモットーにしています。
そのため看護師には高度な知識と確かな技術が求められます。

 

 

国家資格に合格して看護師免許を取得したから勉強は終わりというわけにはいきません。

 

医療が最先端されているように、看護師も常に新しいことを勉強していかないといけません。

 

 

 

看護師の仕事は一般的に問診、点滴や注射、食事の介助、お風呂の介助などたくさんあります。また患者の身の回りを整えるなど環境整備も看護の仕事の一つになります。

 

また一人で何人もの患者を受け持つので肉体的にも精神的にもハードな仕事と思っている方も多いかと思います。

 

 

 

しかし病気の人が回復していく姿を見ることができたり、患者や患者の家族から「ありがとう」という感謝の言葉が看護師にとって大きな支えになります。

 

 

 

だからこそ看護師の仕事に誇りを持っている人が多いのです。

 

 

 

看護師になるまでも大変な道のりがありますが、看護師になってよかったと実感が沸くこともあります。

 

看護師を目指している方は是非、どのような看護師になりたいか目標を立ててみてください。


ホーム RSS購読 サイトマップ